Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『チーム・バチスタの栄光』(海堂 尊) <感想&書評>
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(上) (宝島社文庫)
海堂 尊

宝島社 2007-11-10
売り上げランキング : 618
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本の内容

東城大学医学部付属病院の天才外科医、桐生が率いるチーム・バチスタ。チームはバチスタ手術で脅威の成功実績を上げていたが、最近の数例で不信な術中死が続いた。事故か殺人か。高階病院長は極秘に、外科とは無縁の田口医師に調査を依頼する。田口はチームの聞き取り調査と手術の見学をするが、術死の原因がわからない。しかし“何かある”と感じた田口は高階院長にリスクマネジメント委員会の招集を要請する。すると、厚生労働省から白鳥という役人がやってきたのだが・・・。

読書感想文&書評

「禁断のパンダ」に引き続き、“このミス”大賞の作品、「チーム・バチスタの栄光」。
面白いだろうと期待して読んだけども・・・、
なんと、予想以上に面白いじゃないですか!

さて、読書感想文。

この小説がデビュー作だって?、信じられない!・・・。いや~、ほんとに面白かった。“田口&白鳥”のコンビは、前評判通りナイスだった。攻めの白鳥、守りの田口、だけど二人とも出世にはまったく興味がないという共通点。この二人のやり取りは読んでいてとても面白かった。とくに白鳥は、“クレヨンしんちゃん”の野原しんのすけが、官僚になった場合こうなる、という感想を持ちましたね。

そして、なんといっても文章の語り口が抜群にセンス良い。そしてリズミカル。さらに知性がある。『バチスタ』を読み始めたとき、一人称気味の文章に抵抗を感じたけど、そんな思いは、物の一瞬で吹っ飛んじゃった。

売れて当然ですよ。絶対に。

僕はね、“良い”っていう前評判があると、“ホントかよ”って気持ちになって、その作品の読書満足度のハードルが上がってしまうんです。だけど『バチスタ』は、高いハードルの更に上、はるか上空を飛んでいってしまった。陸上、女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワが、ブブカの記録を抜いたようなもんです。

売れないほうがおかしいです。絶対に。

こりゃあ、海道尊さんの他の小説もぜひ読んでみないと・・・。

関連ページ

本ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキング
トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/15-175892ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
アメリカ帰りの天才外科医・桐生が率いる<チーム・バチスタ>は、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門のエリート集団。難易度の高い手術にも関わらず成功率が高く、マスコミからも注目を集めている大学付属病院の花形的存在である。 ところが原因不明の術中死が立...
2008/04/24(木) 23:30:37 | 【徒然なるままに・・・】
チーム・バチスタの栄光 ≪内容≫ 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。 彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成...
2008/05/04(日) 21:14:44 | まったり読書日記
チーム・バチスタの栄光 海堂 尊 「チーム・バチスタ」アメリカから来た心臓外科医・桐生恭一がバチスタ手術をするために、自ら選んだドリームチーム。成功率60%といわれるバチスタ手術を100%の成功していた。ところが3件続けて術死が発生。原因を追究する
2008/05/09(金) 21:15:37 | ナナメモ
著者:海堂 尊 出版社:宝島社文庫 紹介文: 話題の海堂作品をようやく読むことができました。 華やかで切れ味のよい、医療ミステリ。人気なのもわかります。 医療ミステリというと難解なものもありますが、この作品は前半で事件や登場人物が読みやすく説明される
2008/05/13(火) 01:05:00 | どくしょ。るーむ。
 図書館デビューしてすぐに予約したのだが、待ち行列の長さはじれるほどに変わらず、その間にはて何冊借りたことだろう。待つこと三ヶ月とちょっと、ようやっと回ってきた。 宝島社 2007/2  この本については今更ぐたぐた書くまい。第3回までのこのミス大賞受賞作...
2008/05/17(土) 01:09:06 | higeruの大活字読書録
おもしろかったデス!! …とはいえ、読んだのはちょっと前のコトで、 しかも図書館で借りて今はもう返してしまって、 手元に本がないので...
2008/05/26(月) 12:56:10 | 栞のさんぽみち
『チーム・バチスタの栄光 上 下』 海堂尊/著 仕事でミスをする度に思うんです、 人の命に繋がるような仕事してなくてよかった~って。 最悪、本の発売が遅れるか次回から仕事が来なくなるかくらいですもんね、 イラストレーターのミスなんて。まあミスすんなって話し...
2008/06/07(土) 23:04:51 | 勝手に装丁室
チーム・バチスタの栄光 海堂 尊 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チームバチスタ」を作り、次々と成功を収めていた。ところが3例立て続けに術中死が発生。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵が患者という事もあり
2008/06/22(日) 10:22:05 | マロンカフェ ~のんびり読書~
チーム・バチスタの栄光(上) チーム・バチスタの栄光(下) 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外...
2008/06/24(火) 22:49:05 | みかんのReading Diary♪
東城大学医学部付属病院で結成された、心臓移植の代替手術専門の天才外科チーム。 そこで術中死が続発。高階病院長は不定愁訴外来の田口医師...
2009/02/03(火) 11:47:24 | 粋な提案
チーム・バチスタの栄光 海堂 尊 『チーム・バチスタの栄光』海堂尊(宝島社) これは、面白かった!! 巷で大層評判の良かった本なのですが新刊前にはノーマークだった…一応受賞作品見たいのはチェックしてるのに。なんか宝島とか結構もれるんよな… でも
2009/02/03(火) 21:20:53 | ぼちぼち
チーム・バチスタの栄光クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/01) # ISBN-10: 4796650792 評価:84点 随分と前から話題になっていた第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。映画にもなっているし文庫本化もされているものをようやく読んだ。時代に少し
2009/09/30(水) 00:51:07 | デコ親父はいつも減量中
チーム・バチスタの栄光クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/01) # ISBN-10: 4796650792 評価:84点 随分と前から話題になっていた第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。映画にもなっているし文庫本化もされているものをようやく読んだ。時代に少し
2009/09/30(水) 00:52:25 | デコ親父はいつも減量中
チーム・バチスタの栄光クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/01) # ISBN-10: 4796650792 評価:84点 随分と前から話題になっていた第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。映画にもなっているし文庫本化もされているものをようやく読んだ。時代に少し
2009/09/30(水) 00:54:04 | デコ親父はいつも減量中
本日{/kaeru_fine/}から夜勤週のピロEKです。 夜勤は常勤と比べて通常業務が詰まりがち{/ase/}…なのに最近は何故か私しか出来ない特殊{/eq_1/}な業務が山積{/ase/}…夜勤の度に少し困っております{/face_hekomu/} それにプラスして4月ってやる事が増えちゃうんだよね。...
2010/04/29(木) 00:25:06 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
{/kaeru_fine/} 今月は3の倍数で更新を休んでいる夜勤週のピロEKです{/face_ase2/} 夜勤といえば…今日の夜勤は忙しいみたいで少し憂鬱{/face_hekomu/}{/down/} 今日だけじゃなくて今週はやる事が多くて…会社行きたくないなぁ{/face_z/} そんなネガティブな心もちは...
2010/04/29(木) 00:25:57 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
コメント
この記事へのコメント
田口&白鳥コンビが良かったですね!
白鳥がクレヨンしんちゃんとはっ!なんだか分かるような気がしますけど(笑)
2008/05/10(土) 10:00 | URL | すずな@Bookworm #-[ 編集]
>すずなさんへ
白鳥とクレヨンしんちゃんを比べると、頭のキレは分からないけど、行動は似ていると思ったんですよ(笑い)。
他人の部屋をめちゃくちゃにするようなところが特にね。
2008/05/10(土) 18:08 | URL | book-gogoより #-[ 編集]
こんにちは。
先日はTB・コメントありがとうございました。
返信が遅れまして申し訳ありませんm(__)m
今や映画化のイキオイで…すごいですよね~。
他のシリーズもオススメですよ♪
ウチの近所の図書館ではシリーズ通して予約がいっぱいでして…
最新刊が読めるのはいつのことやら…です(^-^;
2008/05/12(月) 17:52 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
はじめまして。
TBをありがとうございます。
デビュー作とは思えないほど面白かったですね。
「禁断のパンダ」図書館予約中です。
また伺いますね。
2008/05/13(火) 01:12 | URL | ia. #-[ 編集]
>ia.さんへ
本当に、デビュー作とは思えないほど面白かったですよね。「禁断のパンダ」を読んだら、ぜひまたTBして下さいね!
2008/05/13(火) 09:31 | URL | book-gogoより #-[ 編集]
>Rutileさんへ
ど~も、こんにちは!
Rutileさんのブログ見てましたよ!
なんだか、最近は忙しいようなのに、わざわざコメントしてくれてありがとうございます。
海道尊さんの他のシリーズはそのうち絶対に読みます。
なんたって、面白そうだから・・・。
2008/05/13(火) 09:36 | URL | book-gogoより #-[ 編集]
はじめまして。
>“クレヨンしんちゃん”の野原しんのすけが、官僚になった場合こうなる、

の一文を呼んで「上手い!」と
うなってしまいました。
愛称がゴキちゃんですものね。
白鳥には、ぜひ嫌われキャラを
突き通してほしいです。
2008/06/07(土) 22:59 | URL | 歩 #XHnQ6WHY[ 編集]
>歩さんへ
いや~、お褒めの言葉ありがとうございます!
白鳥はホントにナイスキャラでしたね。
この小説は素晴らしかったです。
2008/06/08(日) 12:40 | URL | book-gogoより #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。