Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『ゴールデンスランバー』(伊坂幸太郎) 【感想&書評】
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
伊坂幸太郎

新潮社 2007-11-29
売り上げランキング : 1533
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

あらすじ

仙台市で凱旋パレードをしていた金田首相が暗殺され、犯人の濡れ衣を着せられた青柳雅春。警察は青柳を犯人と決めつけ、さらに、首相殺しの犯人としてテレビなどのメディアでも犯人扱いされるが、それでも様々な人の助けを借り、必死に逃げる。はたして、青柳雅春の運命は…。―第21回山本周五郎賞、2008年本屋大賞受賞。

読書感想文&書評

もはや説明不要の傑作。“伊坂幸太郎”というブランド力がなくとも、素晴らしい物語です。もし作者が江頭2:50だとしても、その評価は変わらないでしょう。

“この本について語ることはここまでです”と言いたいけど、それだとブログとしてはさみしい記事になってしまうので、気に入った登場人物について、少し触れておきましょう。

気に入った登場人物は青柳雅春の父。「痴漢は死ね」という名台詞もさることながら、マスコミやテレビカメラに囲まれながらインタビューに答える場面では、「こっちはどうにかするから。母さんもそれなりに元気だ。おまえもどうにか頑張れや」と言い、続けて「雅春。ちゃっちゃと逃げろ」と言っています。“信頼”を強調した描写の中では一番好きな場面です。

もし『ゴールデンスランバー』をまだ読んでいないのなら、青柳雅春の父にしたがって言えば、「まだ読んでない君。ちゃっちゃと読め」と言いたい。

さすが2008年本屋大賞を受賞しただけあって、“予定調和”というネガティブな言葉が全く気にならないほど、物語の完成度は非常に高く、様々な人物が登場し、どの人物も個性的で、さらに個性の活かし方が実に見事でした。

関連ページ

本ブログランキング

トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/55-52953c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
   ゴールデンスランバー  伊坂 幸太郎  単行本: 503ページ  新潮社 (2007/11/29) 読んでからすでにひと月以上過ぎての感想となると、いくら面白かった本でも感動の余韻は薄れてくるものだ。このまま書かずにおこうか。奥深く沈めてしまおうか。記憶に...
2009/02/13(金) 21:41:43 | コンパス・ローズ  compass rose
「ゴールデンスランバー」が、2008年本屋大賞を受賞しましたね。 私もようやく読みましたが、なるほどおもしろかったです。 仙台での...
2009/02/13(金) 21:42:31 | 心に残る本
ゴールデンスランバー 伊坂 幸太郎 JUGEMテーマ:読書 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲し...
2009/02/13(金) 22:06:59 | ナナメモ
装幀写真は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳雅春の逃亡劇。手に汗握って読みました。始めに...
2009/02/14(土) 02:03:15 | 粋な提案
謀略…  冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促...
2009/02/14(土) 09:29:40 | じゅずじの旦那
ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎新潮社 2007-11-29売り上げランキング : 381おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔...
2009/02/15(日) 19:14:01 | まったり読書日記
 本屋大賞受賞おめでとうございますっ!圧勝でしたね。5年連続ノミネートされてやっとの受賞でした。よかったよかったεー(´ー`*)ホッ 伊坂作品って独特の文体や言い回しがクセになって面白く読める時もあるけれど、私に取ってはそれが少しくどいと感じてしまう時
2009/02/16(月) 07:29:08 | マロンカフェ ~のんびり読書~
伊坂さんの集大成、最高傑作、そんな言葉を至る所で目にしていたんだけど、本当にその通りでした。やったね伊坂さんって感じです。新潮社のこのカバーに、視点が変わる毎に現れる登場人物のシルエット。それだけで初期の『オーデュボンの祈り』や『ラッシュライフ』を思い...
2009/02/16(月) 21:15:15 | 今更なんですがの本の話
著者:伊坂 幸太郎 出版社:新潮社 紹介文: やっと読みました! 話題作だけあって読み始めると息もつかずに一気読み、とはいえすごいボリュームでなかなか読み終わらない! 国家的な陰謀により、首相暗殺事件の犯人として濡れ衣を着せらた主人公が逃亡する、とい
2009/02/17(火) 02:23:27 | どくしょ。るーむ。
久々の伊坂さんの長編。 時間がさかのぼったり流れたり。 でも不思議と混乱しない、一気に読める作品でした。 ★★★★☆ 仙台での凱旋...
2009/02/17(火) 08:40:57 | 日だまりで読書
ゴールデンスランバー すごい!おもしろかったし、私これすごく好きです!まさに伊坂さんの作品の集大成。「重力ピエロ」「魔王」の世界をさらに進めて、それをエンタメにしてしまいました。「魔王」では、しょぼい腹話術で大きなものと闘っていました。「ゴールデンス...
2009/02/17(火) 22:39:36 | 本のある生活
伊坂幸太郎      新潮社  小生はSF者ではあるが、冒険小説も大好きである。西村寿行、田中光二たちの冒険小説はほとんど読んだかな。だから、この作品を冒険小説として期待して読んだ。こういう小生の好みをご承知おきの上、以下のレビューをお読み頂ければ幸い...
2009/04/15(水) 22:15:44 | とつぜんブログ
タイトル:ゴールデンスランバー 著者;伊坂 幸太郎 オススメ度:★★★★★ 仙台で凱旋パレード行っていた新首相が暗殺された。 その犯人に仕立てられた男の逃亡劇。 監視システム...
2009/04/16(木) 07:58:30 | 読書マン
ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎新潮社このアイテムの詳細を見る 第5回本屋大賞受賞、 そして、2008年このミステリがすごい!国内ベスト1に輝く作品です。 もう、文庫化を待ちきれず、読みました。 最近著者は、目に見えない世の中を動かす何か強大なもの ・・・国家権...
2009/04/16(木) 20:42:58 | 映画と本の『たんぽぽ館』
ゴールデンスランバー(2007/11/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ド...
2009/04/26(日) 21:10:41 | +++ こんな一冊 +++
読み終わった後、 『2008年本屋大賞第1位!』 という巻末の表紙裏に貼りつけられた(図書館本ですので)帯が目に止まり、 「ほほう」とニヤリとしました。 「本屋大賞第1位ですよ」 「みんなが面白い!と絶賛する伊坂幸太郎氏の本ですよ」 さて、お前はどう思う。...
2009/04/28(火) 09:58:02 | ひとり読書会
ゴールデンスランバークチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2007/11/29) # ISBN-10: 4104596035 評価:95点 ゴールデンスランバーって、どこかで聞いたことがあるとずっと考えていたのだが、そうそう、ビートルズのアビー・ロードに入っていた曲だった。 著者はビ...
2009/10/24(土) 16:17:06 | デコ親父はいつも減量中
ゴールデンスランバークチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2007/11/29) # ISBN-10: 4104596035 評価:95点 ゴールデンスランバーって、どこかで聞いたことがあるとずっと考えていたのだが、そうそう、ビートルズのアビー・ロードに入っていた曲だった。 著者はビ...
2009/10/24(土) 16:17:06 | デコ親父はいつも減量中
管理人の承認後に表示されます
2010/09/08(水) 19:08:34 |
管理人の承認後に表示されます
2014/07/09(水) 03:29:48 |
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
トラックバックありがとうございました。こちらからも送っておきます。

青柳の父、いい味だしてましたね。

では、今後ともよろしくおねがいします。
2009/02/13(金) 21:43 | URL | 牛くんの母 #6A8negIs[ 編集]
「ゴールデンスランパー」
良かったですよね。

もちろん、「痴漢は死ね」
に共感したので、クリックしておきます♪
2009/02/14(土) 15:22 | URL | 副隊長 #-[ 編集]
はじめまして。

たまたま参りまして、かっこいいブログデザインと、いろんな読みやすい工夫のため、いろんなページをクリックしちゃいました。

そして、「痴漢は死ね」
この言葉が伏線として利いてくる辺りもかっこいい本でしたよね。
引用のセンスに脱帽です。
2009/02/14(土) 21:41 | URL | MaThy #OARS9n6I[ 編集]
名作でした
はじめまして。
トラックバックいただいたので、こちらも送らせていただきました。
「ちゃっちゃと読め」はいいですね。同感です。
この題名を聞くとすぐ、ビートルズの曲も思い出してしまいます。
名作でした。
2009/04/16(木) 20:47 | URL | たんぽぽ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。