Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
螺鈿迷宮 上 (角川文庫)螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
海堂 尊

発売日:2008-11-22
売り上げランキング:132
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

本の内容

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。この病院は、終末医療の先端施設として注目を集めていた。だが、経営者一族には黒い噂が絶えなかったのだ。やがて、看護ボランティアとして潜入した天馬の前で、患者が次々と不自然な死を遂げた!彼らは本当に病死か、それとも…。

【読書感想文&書評】を読む
スポンサーサイト
ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
海堂尊

宝島社 2009-01-08
売り上げランキング : 12
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

本の内容

東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく…。

ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫]
海堂尊

宝島社 2008-09-03
売り上げランキング : 527
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

本の内容

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―レティノブラストーマの子供たち。小夜は眼球を摘出されてしまう彼らのために、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく…。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(上) (宝島社文庫)
海堂 尊

宝島社 2007-11-10
売り上げランキング : 618
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本の内容

東城大学医学部付属病院の天才外科医、桐生が率いるチーム・バチスタ。チームはバチスタ手術で脅威の成功実績を上げていたが、最近の数例で不信な術中死が続いた。事故か殺人か。高階病院長は極秘に、外科とは無縁の田口医師に調査を依頼する。田口はチームの聞き取り調査と手術の見学をするが、術死の原因がわからない。しかし“何かある”と感じた田口は高階院長にリスクマネジメント委員会の招集を要請する。すると、厚生労働省から白鳥という役人がやってきたのだが・・・。


/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。