Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書日記 (2008/04/30)

ただ今、マイクル・クライトンの最新作、『NEXT』を読んでいて、
やっぱり、クライトンはいいなぁ・・・
と、しみじみ感じています。

はてさて、この読書日記ブログをはじめてから、はや3ヶ月になり、
ブログとしての体裁も整いつつある今、
「相互リンクしませんか?」みたいなものを作りたいと考えています。

ブログをやっているんだし、
やっぱり、他の読書ブロガーさん達とも、
少しは交流をしてみたいと思い始めているので・・・。

でも、どうすればいいんだろう・・・。
とりあえず、「相互リンク募集」のページは作らないといけませんよね。

しかしその前に、『ダン・ブラウンのまとめ』のページ作りをがんばります。
ダン・ブラウンに、はまってしまいましたからねぇ・・・。
全部読んだし、全部良かったし・・・(パズル・パレスは普通だったかな)。

まだまだ、読書感想のページは少ないですが、
時が経つにつれて、ページを増やしていきますからね!


↓ポチッと応援よろしくお願いします!!!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキング


関連ページ

スポンサーサイト

目次一覧

読了本一覧表 / 小説:作家別一覧表 / 直近10冊の私的ランキング! / トップに戻る

直近10冊の私的小説ランキング!

第1位 『有頂天家族』 (森見登美彦)
最初の一文から最後の一文まで“これでもか”というくらいのとても楽しく巧みな文章、各登場人物(狸と天狗と人間)の個性は誰もが魅力的、さらには喜怒哀楽に満ちた素晴らしい物語。まさに“パーフェクト”な小説でした。


第2位 『流星の絆』 (東野 圭吾)
“これが小説”と言っていいくらいの作品でしたね。いや~、読んでよかった。500ページ弱という、長めの小説だったけど、まったく量を感じさせないくらいサクサク読めたし、それでいて内容が薄いわけではないから、とても満足の一冊でした。


第3位 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 (海堂尊)
『ナイチンゲールの沈黙』と同じ舞台、同じ時間軸での話だったので読みやすかったですね。『ナイチンゲールの沈黙』よりはこちらの小説のほうがリアリティがある分、若干面白かったです。


第4位 『ナイチンゲールの沈黙』 (海堂 尊)
『チーム・バチスタの栄光』と同じく、軽快でリズミカルな文章がとても良かった。インパクトは『バチスタ』に及ばないけど、それでも十分楽しめた小説でした。


第5位 『さまよう刃』 (東野圭吾) 
“楽しい”小説ではないけど、物語の完成度が高かったので、非常に満足のいく一冊でした。さすが東野圭吾さんですね。


第6位 『グラスホッパー』 (伊坂幸太郎)
殺し屋の小説にしては、ずいぶんと気軽に読み進めることができました。なかなかナイスな小説です。さすが伊坂幸太郎さんですね。


第7位 『イントゥルーダー』 (高嶋 哲夫) new
昔の恋人から突然、自分に息子がいたことが告げられるという出だしが良かった。物語は“リアリティ”を感じる部分と“いかにもフィクション”という部分があり、小説のデキとしては荒削りだったけど、それでもなかなか面白かったです。


第8位 『サスツルギの亡霊』 (神山 裕右)
神山裕右さんの二作目、『サスツルギの亡霊』。南極での自然の過酷さがひしひしと伝わってきて、読み進めるほど、だんだんと面白くなっていった。次回作にも期待してしまいます。


第9位 『果てしなき渇き』 (深町秋生)
読んでいて心が痛む。すごい小説だとは思うけど、好きなジャンルではないですね。でも、物語の謎が気になってしかたがなく、読了してしまいました。


第10位 『林檎と蛇のゲーム』 (森川楓子)
ドキドキのガールズ・ミステリーというふれこみではあったが、ほとんどドキドキしなかった。ミステリーとして期待していただけに残念。僕の好みではありませんでした。


にほんブログ村 本ブログへ

パズル・パレス 上 (角川文庫)パズル・パレス 上 (角川文庫)
越前 敏弥 熊谷 千寿

角川グループパブリッシング 2009-03-25
売り上げランキング : 658
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

あらすじ

アメリカの政府機関NSAが誇る、国家機密のスーパーコンピュータ、<トランスレータ>は、どんな暗号も解読する機械。しかし、トランスレータでも解読できない暗号ソフトを開発したエンセイ・タンカドは、トランスレータの存在を公表しないと、タンカドの暗号ソフトを世界に公表すると脅してきた。NSA暗号解読員スーザン・フレッチャーは、この暗号ソフトの解読をトランスレータで試みるが・・・。


本屋大賞とは

「本屋大賞」とは、新刊書の書店(オンライン書店も含みます)で働く書店員の投票で決定するもの。過去一年の間、書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票する。また「本屋大賞」は発掘部門も設け、過去に出版された本のなかで、時代を超えて残る本や、今読み返しても面白いと書店員が思った本を選ぶ。―(本屋大賞のHPより抜粋)

本屋大賞の一覧表

2009年本屋大賞(第6回)
  • 【第1位】 『告白』(湊かなえ)
  • 【第2位】 『のぼうの城』(和田竜)
  • 【第3位】 『ジョーカー・ゲーム』(柳広司)
  • →第10位まで見る
2008年本屋大賞(第5回)
2007年本屋大賞(第4回)
  • 【第1位】 『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子)
  • 【第2位】 『夜は短し歩けよ乙女』(森見登美彦)
  • 【第3位】 『風が強く吹いている』(三浦しをん)
2006年本屋大賞(第3回)
  • 【第1位】 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(リリー・フランキー)
  • 【第2位】 『サウスバウンド』(奥田英朗)
  • 【第3位】 『死神の精度』(伊坂幸太郎)
2005年本屋大賞(第2回)
  • 【第1位】 『夜のピクニック』(恩田陸)
  • 【第2位】 『明日の記憶』(荻原浩)
  • 【第3位】 『家守綺譚』(梨木香歩)
2004年本屋大賞(第1回)
  • 【第1位】 『博士の愛した数式』(小川洋子)
  • 【第2位】 『クライマーズ・ハイ』(横山秀夫)
  • 【第3位】 『アヒルと鴨のコインロッカー』(伊坂幸太郎)

読書日記

今、ダン・ブラウンの『パズル・パレス』を読んでいるけど、
ダンブラウンのデビュー作ということもあり、
な~んだか、読んでいてグッとこないなぁ・・・とテンション低め。

最近、読書スタイルは決まっていて、
夜寝る前に、1時間ほど読書をしてから就寝、といった具合。
だけど寝る前は、当たり前だけど、眠い・・・。
だから、内容を理解するのに四苦八苦するんですよ・・・。

そして、次に読む本を決めるため、
ネットサーフィン(ブログサーフィン?)をしていたんだけど、
“このミス”大賞の本を2冊読んだし、この文学賞、まだ6回目だし、
「こりゃぁ全部読んでみっか!」
というノリで、過去の“このミス大賞”の古本をネットで一括注文。

いつになるかわからないけど、
「“このミス大賞”を楽しむ」という、
“私的特集ページ”の候補が一つ増えますね。
でもその前に、『パズル・パレス』を読み終えて、
ダン・ブラウンのまとめページを作らないと・・・。

夜な夜な、ミステリーは続くのであります・・・。

お知らせ

ダン・ブラウンのまとめページを作るため、ダン・ブラウンの作品である『デセプション・ポイント』と『天使と悪魔』の、“本の内容”と“読書感想”を更新(追加かな?)しました!

・『デセプション・ポイント』の内容と感想を読む
・『天使と悪魔』の内容と感想を読む


↓ポチッと応援よろしくお願いします福助
にほんブログ村 本ブログへ 人気ブログランキング

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(上) (宝島社文庫)
海堂 尊

宝島社 2007-11-10
売り上げランキング : 618
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本の内容

東城大学医学部付属病院の天才外科医、桐生が率いるチーム・バチスタ。チームはバチスタ手術で脅威の成功実績を上げていたが、最近の数例で不信な術中死が続いた。事故か殺人か。高階病院長は極秘に、外科とは無縁の田口医師に調査を依頼する。田口はチームの聞き取り調査と手術の見学をするが、術死の原因がわからない。しかし“何かある”と感じた田口は高階院長にリスクマネジメント委員会の招集を要請する。すると、厚生労働省から白鳥という役人がやってきたのだが・・・。


相互リンク集

禁断のパンダ禁断のパンダ
拓未 司

宝島社 2008-01-11
売り上げランキング : 69083
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

本の内容

神戸でビストロを営む新進気鋭の料理人、柴山幸太。彼は、妻の友人と木下貴史との結婚披露宴に出席し、貴史の祖父である中島という老人と知り合いになる。その中島は有名な料理評論家であった。一方、幸太が中島と知り合った翌日、神戸ポートタワーで一人の男性の刺殺体が発見された。兵庫県警の青山は、木下貴史の父・義明が営む会社に、被害者が勤務していたことをつかむ。さらに義明も失踪していることを知り・・・。


/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。