Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『カタコンベ』(神山裕右) <感想&書評>
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カタコンベ (講談社文庫)カタコンベ (講談社文庫)
神山 裕右

講談社 2007-08-11
売り上げランキング : 271801
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

本の内容

新たに発見された鍾乳洞へ調査のため入洞した一行は、雨による崖崩れによって洞窟に閉じ込められた。洞窟の外にいたケイブダイバー、東馬亮は単身救助に向かう。洞窟が水没するまで約5時間。しかし、洞窟には事件の真相と殺人犯が潜んでいた・・・。

読書感想文&書評

何を読むか迷ったら、とりあえず文学賞受賞作品でも・・・。
第50回江戸川乱歩賞受賞作品『カタコンベ』。
ミステリー小説・冒険小説ですね、この小説は。

さて、読書感想文。

なかなか面白かった。基本的にはミステリー小説だと思うけど、物語の舞台は洞窟だから冒険小説の要素もある。古本の値段が安かったから買ったので、どんなものかと最初は不安だったけど、読み進めるほどジワジワと面白くなっていきました。

物語の序盤はミステリーの要素も特になかったけど、読み終わってみれば“ミステリーの条件”のようなものが十分あった。やっぱり最後まで読まないと良し悪しがわかりませんね、小説は。

洞窟でのシーンは迫力があった。なんていうか、“自然のすごさ”が伝わってきた。さらに、“洞窟の中に事件の真相と犯人が潜んでいる”という設定が暗闇での恐怖を増していて、この点が読んで面白いと感じた部分。

それにしてもすごいよ、文学賞受賞だなんて・・・。

関連ページ

本ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキング

トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/12-0e322463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
「カタコンベ」(著:神山裕右)を読んだ。 第50回江戸川乱歩賞受賞作品。 リミットは水没するまでの5時間。 洞窟に閉じ込められた調査隊が危ない! “贖罪”の思いを胸に、単身、救助に向かった青年を襲う殺人者の恐怖! 感想。 ?冒頭の、丸々1ページを使った...
2008/05/11(日) 00:33:53 | サナダ虫 ~解体中~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。