Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → ダン・ブラウンの小説を読む!<私的特集ページ>
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダン・ブラウンの経歴

ダン・ブラウンは1998年、小説『パズル・パレス』を発表し全米デビュー。

2000年には、ロバート・ラングドンが登場する第1作目『天使と悪魔』を発表し、その翌年に、『デセプションポイント』、2003年には、いわずと知れた世界的ベストセラー、『ダ・ヴィンチ・コード』を発表。

現在は、ロバート・ラングドンのシリーズ第3作目を執筆中。

ただし日本では、アメリカとの小説の発表順が違っていて、『ダ・ヴィンチ・コード』が世界的に売れたことがきっかけで、他の作品が順次発売されていった。

■ダン・ブラウンの全作品一覧はコチラ↓

・『パズル・パレス』 ⇒ 読書感想を読む
・『天使と悪魔』 ⇒ 読書感想を読む
・『デセプション・ポイント』 ⇒ 読書感想を読む
・『ダ・ヴィンチ・コード』 ⇒ 読書感想を読む

ダン・ブラウンの“こんなところが好き!”

好きな理由“その1”。どの小説も、各章が非常に短く、とても章が多いこと。

ダン・ブラウンのどの小説も、各章が非常に短く、そして章がとても多い。コレが結構、僕にとっては、いつでもどこでも手軽に読めることができたからうれしかった。ちょっとした時間の使って読むことができるので、ありがたい作風です。

好きな理由“その2”。どの小説も、めまぐるしく展開が変わる。

デビュー作、『パズル・パレス』はそうでもなかったけど、それ以外の作品は、めまぐるしく展開が変わります。だから、飽きることなく、最後まで読み進めることができるし、どんどん読めます。

ダン・ブラウンのまとめ

ダン・ブラウンは現在、ロバート・ラングドンのシリーズ第3作品目を執筆中だそうで、ダ・ヴィンチ・コードの前作、『天使と悪魔』の映画化も進んでいるところ。『天子と悪魔』は『ダ・ヴィンチ・コード』よりも絵になる場面が多かったし、ストーリーの展開もはっきりしているから、映画のほうも期待です。

ダン・ブラウンの今後の活躍に期待しています!


/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。