Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 小説ランキング~最近の10冊~
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次一覧

読了本一覧表 / 小説:作家別一覧表 / 直近10冊の私的ランキング! / トップに戻る

直近10冊の私的小説ランキング!

第1位 『有頂天家族』 (森見登美彦)
最初の一文から最後の一文まで“これでもか”というくらいのとても楽しく巧みな文章、各登場人物(狸と天狗と人間)の個性は誰もが魅力的、さらには喜怒哀楽に満ちた素晴らしい物語。まさに“パーフェクト”な小説でした。


第2位 『流星の絆』 (東野 圭吾)
“これが小説”と言っていいくらいの作品でしたね。いや~、読んでよかった。500ページ弱という、長めの小説だったけど、まったく量を感じさせないくらいサクサク読めたし、それでいて内容が薄いわけではないから、とても満足の一冊でした。


第3位 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 (海堂尊)
『ナイチンゲールの沈黙』と同じ舞台、同じ時間軸での話だったので読みやすかったですね。『ナイチンゲールの沈黙』よりはこちらの小説のほうがリアリティがある分、若干面白かったです。


第4位 『ナイチンゲールの沈黙』 (海堂 尊)
『チーム・バチスタの栄光』と同じく、軽快でリズミカルな文章がとても良かった。インパクトは『バチスタ』に及ばないけど、それでも十分楽しめた小説でした。


第5位 『さまよう刃』 (東野圭吾) 
“楽しい”小説ではないけど、物語の完成度が高かったので、非常に満足のいく一冊でした。さすが東野圭吾さんですね。


第6位 『グラスホッパー』 (伊坂幸太郎)
殺し屋の小説にしては、ずいぶんと気軽に読み進めることができました。なかなかナイスな小説です。さすが伊坂幸太郎さんですね。


第7位 『イントゥルーダー』 (高嶋 哲夫) new
昔の恋人から突然、自分に息子がいたことが告げられるという出だしが良かった。物語は“リアリティ”を感じる部分と“いかにもフィクション”という部分があり、小説のデキとしては荒削りだったけど、それでもなかなか面白かったです。


第8位 『サスツルギの亡霊』 (神山 裕右)
神山裕右さんの二作目、『サスツルギの亡霊』。南極での自然の過酷さがひしひしと伝わってきて、読み進めるほど、だんだんと面白くなっていった。次回作にも期待してしまいます。


第9位 『果てしなき渇き』 (深町秋生)
読んでいて心が痛む。すごい小説だとは思うけど、好きなジャンルではないですね。でも、物語の謎が気になってしかたがなく、読了してしまいました。


第10位 『林檎と蛇のゲーム』 (森川楓子)
ドキドキのガールズ・ミステリーというふれこみではあったが、ほとんどドキドキしなかった。ミステリーとして期待していただけに残念。僕の好みではありませんでした。


にほんブログ村 本ブログへ


/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。