Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『365日たまごかけごはんの本』 <感想&書評>
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界最速スローフード365日たまごかけごはんの本365日たまごかけごはんの本―世界最速スローフード
T.K.G.プロジェクト

読売連合広告社 2007-09
売り上げランキング : 376687

Amazonで詳しく見る

本の内容

たまごかけごはんのレパートリーが365あります。

読書感想文&書評

たまごかけごはんが嫌いな人はそうはいないだろうけど、
いくらなんでも、365日たまごかけごはんを食べ続けるのは無理でしょう。
しかしながら、豊富なレシピに魅せられて衝動買いしちゃいましたね、この本。

さて、読書感想文。

こういうたぐい本、好きなんだよね~。“ムダの極み”を感じるものは、本に限らず最高の娯楽ですよ、そこに“楽しさ”があれば・・・。

この本は“ムダの極み”を醸し出し、“楽しさ”も備わっています。買ってよかったし、損した感じがまったくしないです。

さて、この本がどんな構成になっているのか・・・。

もちろん、たまごかけごはんのいろんなパターンが365も載っているんですけど、朝食べるのに向いている“あさたま”、昼ごはんに向いている“ひるたま”、夜ご飯に向いている“よるたま”etc...と何種類ものジャンルにわけてレシピが載っています。

とくに、“セレブ気分、たまごかけごはん”というキャッチコピーの“セレたま”には、グッときました。

ほかにも、たまごかけごはんについての、外人へのインタビューが載っていたところにもグッときましたね。

そして一番グッときたのは、卵とご飯以外に必要な材料の“さくいん”が、ちゃんと後ろに載っていること。ここに、出版社側の“実際にためしてみてよ!”という意気込みが感じられます。

T(たまご).K(かけ).G(ごはん).プロジェクト、と名乗って恥じることのない本に仕上がっていますね。

ただ、はっきりいって“そりゃあないよ”というレシピもあるけど、マジで試してみたいレシピもたくさんあって、ホントにやってみようと思っています。試してみたレシピは後でブログで報告するかもしれません。

一億総たまごかけごはんの国、ニッポン。

この本が、一億冊売れることを願っています。

関連ページ

本ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキング

トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/25-8bda66ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
コメント
この記事へのコメント
ういっしゅ!
さっきはごめんね~E。
最近忙しくてなんだかアタふたしてんよ。

かっちょいいブログだな~~あ。センスあるな~あ。いいな~~。

でも、不思議だよね?本を読んで、そのときの創造とか思いは、何冊も読んでたら、
読めば読むだけ忘れちゃうよね。相当衝撃とかないと忘れちゃうよん!
オレくらいになると、シンデレラのストーリーも、一寸法師も覚えてないもん。
(やばくない?やばい?うんやばい。最悪だ~~~あ勉強せんと)

あっごめんなさい。また出かけなきゃ。
ご飯を食べに・・・。いざススキのへ出撃!!!!!!!!!!!

狼煙をあげ~~~えい!!
(トコトッ!、トコトッ!、トコトッ!・・・・・・・・・・・)

副将軍 「高さん切れてますか?」
将軍 「・・・・・・」
将軍 「切れてないっすよッ。オレ切れたらたいしたもんっすよ。」

アハハ突然思い出しちゃった。(アヘアヘ)

んじゃねん。

Black Light Burn.Inc
CEO
Yuto.T
2008/05/01(木) 22:42 | URL | 高橋ゆう==と #-[ 編集]
>高橋ゆう==とさん
いや~、電話の後にさっそくコメント残すなんて、相変わらず行動早いな~。ま~、このブログ、すごく気楽にやってくから暇な時にでもまた見てよ!
2008/05/02(金) 18:30 | URL | book-gogo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。