Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 【まとめ】山本周五郎賞受賞作品の一覧表
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山本周五郎賞とは

山本周五郎賞(やまもとしゅうごろうしょう)は、山本周五郎にちなみ、すぐれた物語性を有する小説・文芸書に贈られる文学賞。主催は新潮文芸振興会、後援は新潮社。長年にわたり新潮社が主催した日本文学大賞の後継として、純文学を主とする三島由紀夫賞とともに1988年に創設された。
受賞は、年1回5月に発表される。選考対象は、前年4月から当年3月までに発表された小説とされているが、実際はその期間に発行された単行本が対象になることが大半で、長編・連作短編・短編集など作品の形式はさまざまである。
―(Wikipediaより抜粋)

山本周五郎賞受賞作品

2009年(第22回)
  • 『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』 (白石一文)
2008年(第21回)
2007年(第20回)
  • 『中庭の出来事』 (恩田陸)
  • 『夜は短し歩けよ乙女』 (森見登美彦)
2006年(第19回)
  • 『安徳天皇漂海記』 (宇月原晴明)
2005年(第18回)
  • 『明日の記憶』 (荻原浩)
  • 『君たちに明日はない』 (垣根涼介)
2004年(第17回)
  • 『邂逅の森』 (熊谷達也)
2003年(第16回)
  • 『 覘き小平次 』 (京極夏彦)
2002年(第15回)
  • 『パレード』 (吉田修一)
  • 『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』 (江國香織)
2001年(第14回)
  • 『五年の梅』 (乙川優三郎)
  • 『白い薔薇の淵まで』 (中山可穂)
2000年(第13回)
  • 『ぼっけえ、きょうてえ』 (岩井志麻子)
1999年(第12回)
  • 『エイジ』 (重松清)
1998年(第11回)
  • 『血と骨』 (梁石日)
1997年(第10回)
  • 『奪取』 (真保裕一)
  • 『ゴサインタン―神の座―』 (篠田節子)
1996年(第9回)
  • 『家族狩り』 (天童荒太)
1995年(第8回)
  • 『閉鎖病棟』 (帚木蓬生)
1994年(第7回)
  • 『一九三四年冬―乱歩』 (久世光彦)
1993年(第6回)
  • 『火車』 (宮部みゆき)
1992年(第5回)
  • 『砂のクロニクル』 (船戸与一)
1991年(第4回)
  • 『 ダック・コール』 (稲見一良)
1990年(第3回)
  • 『エトロフ発緊急電』 (佐々木譲)
1989年(第2回)
  • 『TUGUMI つぐみ』 (吉本ばなな)
1988年(第1回)
  • 『異人たちとの夏』 (山田太一)

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。