Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『ナイチンゲールの沈黙』(海堂 尊) <感想&書評>
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫]
海堂尊

宝島社 2008-09-03
売り上げランキング : 527
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

本の内容

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―レティノブラストーマの子供たち。小夜は眼球を摘出されてしまう彼らのために、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく…。

読書感想文&書評

いつにも増して、勢いよく読み終えました。
最近の週末は忙しいんですよ。
競馬と読書とその他もろもろで・・・。

さて、読書感想文。

『チーム・バチスタの栄光』と同じく、海堂尊さんの、軽快でインテリジェンスな文章は相変わらず健在でしたね。読んでいて楽しいから、勢いよく読めます。

『ナイチンゲールの沈黙』は、『チーム・バチスタの栄光』にはない“せつなさ”が感じられました。ま~、どちらもすごく良い小説ですけどね。『バチスタ』も良いし、『ナイチンゲール』もいい。きっと、全部いいんでしょうね、海堂尊さんの小説は・・・。

この小説を読んでいる最中は、ロジカルモンスター・白鳥の登場をまだかまだかと心待ちにしていたんだけど、さすが厚生労働省の変人・白鳥。登場は嵐のように突然でした。

ただ今回の小説では、白鳥は物語の要所には出てくるものの全体的には出番は『バチスタ』よりも少なかったです。それが残念といえば残念ですが、同じロジカルモンスター系の加藤警視正の登場で“残念感”を緩和してくれたのでよかったです。

余談になるけど、『ナイチンゲールの沈黙』の中にでてくる、ウルトラマンをパクった“子供向けヒーローもの”、ハイパーマンも良かったです。子供向けなのに、“大人の事情”満載のヒーローという設定がとても楽しい。ハイパーマンの小説も書いてほしいくらいです。

今後も、海堂尊さんのすべての小説を読むべく、Book A GoGo!!!の日々を過ごそうと決めたbook-gogoでした。

関連ページ

本ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキング

トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/37-2f8b06bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
著者:海堂尊 ナイチンゲールの沈黙(2006/10/06)海堂 尊商品詳細を見る 「バチスタ・スキャンダル」から9ヶ月。忘年会の夜、たまたま居合わ...
2008/05/25(日) 20:20:11 | 新・たこの感想文
 田口&白鳥シリーズ第二弾。 宝島社 2006/11/17 第 4 刷発行  結論から言うと期待外れ。『チーム・バチスタの栄光』に比べて今二つ。  その一、グッチー言うところの「白鳥と同類」の加納警視正をはじめとして、ばあさんからガキんちょまで老若男女を問わず
2008/05/25(日) 20:49:08 | higeruの大活字読書録
『チーム・バチスタの栄光』の続編、というかシリーズ第2弾。あのバチスタ・スキャンダルから9か月後、舞台は同じ東城大学医学部付属病院で、再び事件が起る! ――ということで田口がまた難題・難問解決に駆り出され、いつの間にかそれに白鳥も加わって大騒動が繰り広...
2008/05/25(日) 21:23:37 | 【徒然なるままに・・・】
海堂尊 著
2008/05/26(月) 10:08:32 | Akira\'s VOICE
シェアブログ1152に投稿 小児病棟を舞台に繰り広げられる、 歌姫看護師と彼女を取り巻く人々の、切ない医療ドラマ… と言った感じでしょう...
2008/05/26(月) 12:57:01 | 栞のさんぽみち
ナイチンゲールの沈黙 ≪内容≫ 東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。 担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。 眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来...
2008/05/26(月) 22:01:56 | まったり読書日記
ナイチンゲールの沈黙 海堂 尊 東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する看護師・浜田小夜。忘年会で歌を歌い大賞を受賞した後、友人の翔子と一緒に繁華街を歩いていた。そこでもらったコンサートのチケット。それは幻の歌姫、水落冴子のライブだった。ステーで
2008/05/26(月) 23:04:22 | ナナメモ
最近、重い本ばかりだったので、「チーム・バチスタの栄光」の田口&白鳥のキャラに救われようと読み進めると… あらら、、、場面が小児科病棟、よからぬ予感が。 でも、そこは東城大学医学部付属病院での出来事。中々すてきなキャラの面々でした。  東城大学医...
2008/05/27(火) 11:31:44 | じゅずじの旦那
うわっ!下書きが消えたよ ということで。気を取り直してもう1度 『チーム・バチスタの栄光』で華々しくデビューを飾った海堂さんの第2...
2008/05/27(火) 15:46:07 | 日だまりで読書
ナイチンゲールの沈黙 おもしろかたです。でもなんというか期待が大きすぎたんでしょうか、手放しでおもしろかった!オススメ!とはいえない感じなのです。これはミステリーではないですよね?犯罪の真相に迫るロジカルモンスターの活躍が読みどころであるエンタメ小説...
2008/05/27(火) 16:17:08 | 本のある生活
ナイチンゲールの沈黙 海堂 尊 美しい歌声は聴く人を魅了する。ひとりは迦陵頻迦と呼ばれた伝説の歌手。ひとりはあのグッチー先生こと不定愁訴外来・田口公平が勤務する病院のナイチンゲール。ふたりの歌姫の歌声は聴く者をどこへ運んでいくのか。 東城大学医学部付
2008/05/27(火) 19:42:46 | コンパス・ローズ  compass rose
著者:海堂 尊 出版社:宝島社 紹介文: 「チームバチスタの栄光」の続編。田口&白鳥シリーズ第2弾。 ジェネラル、眠り猫など新キャラ登場で、今回もにぎやかです。 タイトルから連想するとおり、今回は看護士が重要な鍵を握り、病棟の様子なども描かれます。小児...
2008/05/31(土) 02:12:38 | どくしょ。るーむ。
ナイチンゲールの沈黙 海堂 尊 映画化もされて今、話題の『チーム・バチスタの栄光』の続編です。 実は私、『チーム・バチスタの栄光』を読んで面白いとは思ったんですが、世間で熱狂的に騒がれる程面白いとは感じていなくて・・・一緒に騒げずぽつんと取り残された
2008/06/22(日) 07:16:43 | マロンカフェ ~のんびり読書~
著:海堂尊 文庫:宝島社文庫 ~あらすじ~ 第4回「このミス大賞」受賞作で300万部を突破した大ベストセラー『チーム・バチスタの栄光』の続編が登場します。大人気、田口・白鳥コンビの活躍再び! 今度の舞台は小児科病棟。病棟一の歌唱力を持つ看護師・浜田小夜....
2009/01/09(金) 22:24:26 | 二次元放浪記
『ナイチンゲールの沈黙』海堂尊(宝島社) 東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴...
2009/02/03(火) 21:19:50 | ぼちぼち
東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。 担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。 眼球...
2009/02/07(土) 05:32:49 | 粋な提案
ナイチンゲールの沈黙宝島社このアイテムの詳細を見る 今回は、海堂尊『ナイチンゲールの沈黙』を紹介します。帯には、メディカルエンターテインメントと記載されていますね。私から言わせると、本書は、医療を取り扱ったドタバタ小説なのでしょうか。前作と同様に、キャ...
2009/02/13(金) 21:54:18 | itchy1976の日記
ナイチンゲールの沈黙(2006/10/06)海堂 尊商品詳細を見る 東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―...
2009/04/26(日) 21:09:06 | +++ こんな一冊 +++
ナイチンゲールの沈黙クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/10/6) # ISBN-10: 4796654755 評価:71点 チーム・バチスタの続編として、田口・白鳥コンビの活躍に期待して読んだのだが今ひとつ。 原因は明らかで風呂敷を広げすぎてきちんと畳めなくなってしま
2009/09/30(水) 23:46:02 | デコ親父はいつも減量中
ナイチンゲールの沈黙クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/10/6) # ISBN-10: 4796654755 評価:71点 チーム・バチスタの続編として、田口・白鳥コンビの活躍に期待して読んだのだが今ひとつ。 原因は明らかで風呂敷を広げすぎてきちんと畳めなくなってしま
2009/09/30(水) 23:47:51 | デコ親父はいつも減量中
ナイチンゲールの沈黙クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/10/6) # ISBN-10: 4796654755 評価:71点 チーム・バチスタの続編として、田口・白鳥コンビの活躍に期待して読んだのだが今ひとつ。 原因は明らかで風呂敷を広げすぎてきちんと畳めなくなってしま
2009/09/30(水) 23:49:39 | デコ親父はいつも減量中
コメント
この記事へのコメント
初めまして♪
TBありがとうございました。

>子供向けなのに、“大人の事情”満載のヒーローという設定がとても楽しい。

私もこのヒーローもの,とっても気になりました(笑)
2008/05/27(火) 15:49 | URL | そら #7.dZtTuE[ 編集]
>そらさんへ
はじめまして!
こちらこそTB&コメントありがとうございました!

ハイパーマンもいい味だしてましたよね。
さすが、海堂さんです。
2008/05/28(水) 11:20 | URL | book-gogoより #-[ 編集]
こんばんわ。
トラックバックをいただきながら、訪問するのが遅れてしまいました。すみません。
うん、うん。海堂さんの小説は軽やかなのに"せつなさ"がありますね。
ハイパーマンの小説(笑)それ、読みたいなぁ。
海堂さんなら、いつか書いてくれそうですよね。
2008/06/04(水) 23:31 | URL | ia. #-[ 編集]
>ia.さんへ
いやいや、わざわざ訪問してくれるだけでありがたいです。
いつでも訪問してくださいね。

ハイパーマンっていうヒーローが主人公で日本の政治問題をさりげなくつっつく、奇抜な小説にしてほいです。
2008/06/05(木) 18:47 | URL | book-gogoより #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。