Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『恐怖の存在』(マイクル・クライトン) <感想>
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐怖の存在 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV ク 10-25) (ハヤカワ文庫NV)恐怖の存在 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV ク 10-25) (ハヤカワ文庫NV)
酒井 昭伸

早川書房 2007-08-08
売り上げランキング : 69546
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

本の内容

平均海抜1メートルの島嶼国家ヴァヌーツは、水位の上昇によって居住地が失われることを恐れ、地球温暖化の元凶として、最大の二酸化炭素排出国アメリカを提訴すると発表した。これを受け、環境保護団体NERFは提訴の支援を表明する。それから数カ月後、世界各地で怪しげな男たちが暗躍し始めた。さらに、訴訟の費用を全額負担する富豪モートンが突然失踪し、顧問弁護士エヴァンズの周囲で不審な事件が続発するが…。

読書感想文&書評

何かと気になる地球温暖化。
「恐怖の存在」は、マイクル・クライトンの小説。
この小説は、“地球温暖化”がテーマです。

さて、読書感想文。

マイクル・クライトンは、やっぱりすごいよ。2004年に発表した小説だけど、地球温暖についての客観的な意見が実に的を得ているんです。つまり、「地球温暖化が政治の道具にされている」という内容の小説なんです。

この小説を読んで、「地球温暖化」は、わからないことが多すぎて“眉唾もの”だってコトを再認識しました。だからといって、「地球温暖化なんてどうでもいい」と思うのは間違いだと思うんですけどね。

“恐怖の存在(下)”に、マイクル・クライトンの地球温暖化に対する意見が載っているんですが、個人的にはアル・ゴアの「不都合な真実」より、はるかに客観的な情報だと思います。

最後に一言。さすがマイクル・クライトン。

関連ページ

本ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキング

トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/4-258a16c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。