Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『有頂天家族』(森見登美彦) <感想&書評>
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有頂天家族有頂天家族
森見 登美彦

幻冬舎 2007-09-25
売り上げランキング : 32310
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

本の内容

糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去った。遺されたのは母と頼りない四兄弟。この四兄弟が一族の誇りを取り戻すべく、あるときは「腐れ大学生」あるときは「虎」に化けて京都の町を駆け回るも、そこにはいつも邪魔者が。かねてより犬猿の仲の狸、夷川家の阿呆兄弟・金閣&銀閣、人間に恋をして能力を奪われ落ちぶれた天狗・赤玉先生、天狗を袖にしソラを自在に飛び回る美女・弁天。狸と天狗と人間が入り乱れて巻き起こす三つ巴の化かし合いが今日も始まった!

読書感想文&書評

最初の一文から最後の一文まで“これでもか”というくらいのとても楽しく巧みな文章、各登場人物(狸と天狗と人間)の個性は誰もが魅力的、さらには喜怒哀楽に満ちた素晴らしい物語。これを“パーフェクト”と言わずして何と言うのでしょう。この小説は、間違いなく“殿堂入り in my heart”です。

物語の中で次々と起こる災難に、いとも愉快に立ち向かう一家の“家族愛”がとっても最高でした。父の総一郎は死んじゃってるからそんなに登場しないけど、母と四兄弟の狸たちは、それぞれに長所があり、愉快な短所があって、それぞれの短所をお互いが補い合う姿に“家族愛”をたっぷり感じました。物語の終盤に起こる一番やっかいな災難に立ち向かう一家の奮闘ぶりには、これまでの読書生活の中で最高に読みごたえがあり、僕の心も“有頂天”になりました。

個人的には、もちろんどの兄弟もよかったけど、矢三郎の“面白主義な性格”と、矢四郎の“幼いなりに懸命にがんばる姿”にグッときました。とくに、矢四郎が銭湯で矢三郎に言った素朴な疑問、“コーヒーと牛乳はどっちも不味いのに、コーヒー牛乳はどうして美味しいの”は、幼き日の僕も同じ疑問を抱いたので、矢四郎には共感を覚えてしまいましたね。しかも、物語の中の“一番やっかいな災難”は、矢四郎が機転を利かした所から解決していったし。

なにはともあれ、“素晴らしい”の一言に尽きますね、『有頂天家族』は。

『有頂天家族』という素晴らしい作品に出会えたことを森見登美彦さんに感謝しつつ、これからもBook A GoGo !!!な日々を送るbook-gogoでした。

関連ページ

本ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキング

トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/42-ef62d089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
有頂天家族 森見 登美彦 JUGEMテーマ:読書 狸と天狗と天狗になりかけの人間、そして秘密の会合「金曜倶楽部」に集う人たちが京都を舞台に飛んだり、変身したり、騙しあったり、大活躍。 「太陽の塔」でつまづいたので、心配しながら読み始めたんだけど杞憂でした...
2008/06/08(日) 10:39:12 | ナナメモ
うさんくさい本です。 何しろ、主人公が京都の「狸」ですから… 糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になっ...
2008/06/08(日) 10:43:20 | じゅずじの旦那
 有頂天家族  森見 登美彦  幻冬舎 (2007/9/25) 京都の街を闊歩しているのは、天然黒髪乙女や男汁溢れる妄想男子大学生ら、人間達ばかりではないらしい。 《かくも毛深き家族愛!!》 毛深いのはちょっと苦手である。天然純毛100パーセントのモ...
2008/06/08(日) 16:49:29 | コンパス・ローズ  compass rose
有頂天家族森見 登美彦 幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 1041おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 第20回山本周五郎賞受賞第一作! 著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。 偉大なる父の死、海よりも深い母の愛情、おちぶれた...
2008/06/08(日) 19:56:21 | まったり読書日記
某ホテルを経営する家族の話ではありません(笑)でも某ジブリ映画の続きを観ているような物語でした。楽しかったです^^◆内容紹介第20回山本周五郎賞受賞第一作!著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。偉大なる父の死、海よりも深い母の愛情、おちぶれた四
2008/06/09(月) 12:47:59 | Crescent Moon
今日読んだ本は、森見登美彦さんの『有頂天家族』です。
2008/06/09(月) 19:13:20 | いつか どこかで
げに毛(?!)深きは家族愛♪
2008/06/10(火) 01:40:13 | 待ち合わせは本屋さんで
さあて来ましたよ有頂天。たぬきのはなしです。『夜は短し歩けよ乙女』が既読だったので保留になっていた直木賞特集もこれでようやく終わりです。後は芥川だ。 長男、矢一郎。亡き父のようになりたいと願い、偽右衛門の座を得るべく、東奔西走する一家の大黒柱。他に類...
2008/06/11(水) 23:44:13 | 今更なんですがの本の話
 糺ノ森に住む下鴨家は狸である。狸の頭領・偽右衛門だった父の死後、その威光が薄れゆく中で偽右衛門の座を争う長兄矢一郎と叔父夷川早雲。「阿呆であることがすべて」な矢三郎は、往年の力を失った師匠・天狗の赤玉先生や半天狗の弁天に翻弄される日々。おまけに狸鍋を...
2008/06/14(土) 10:23:56 | こんな夜だから書庫に行こう
有頂天家族 森見 登美彦 2007/9/25発行 幻冬舎 P.357 ¥1,575 ★★★★★  平安遷都この方続く、人間と狸と天狗の三つ巴。  それがこの街の大きな車輪を廻している。  天狗は狸に説教を垂れ、狸は人間を化かし、人間は天狗を畏れ敬う。天
2008/06/21(土) 20:10:17 | ほんだらけ
イラストレーションは平田秀一。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。 パピルス掲載+書き下ろし。 京都・糺ノ森に住む狸の下鴨家。数年...
2009/02/04(水) 03:07:19 | 粋な提案
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
TBありがとうございました。TBが送れないようなのでコメントのみで失礼致します。

毛深いもこもこ達のうごうごにとっても楽しませてもらいましたね~。
第2部が待ち遠しいですね。

2008/06/09(月) 15:02 | URL | すずな #-[ 編集]
>すずなさんへ
いや~、TBの相性が悪いみたいですね。
僕もいろいろTBするんですけど、相性が悪いブログがあるんです。
ごめんなさいね。

それにしても、『有頂天家族』はホントに面白かったです。
第2部を読むことは、すでに決定事項です!
2008/06/09(月) 23:30 | URL | book-gogoより #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。