Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『さまよう刃』(東野圭吾) <感想&書評>
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
東野 圭吾

角川グループパブリッシング 2008-05-24
売り上げランキング : 47
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

あらすじ

長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躪された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃走する父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える―。重く哀しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編。

読書感想文&書評

重く哀しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編―。まさにその名の通りの作品です。娘を殺された親の復讐を描いた作品なので“楽しい”小説ではないですが、物語の完成度が高いので“非常に良い”小説です。

『流星の絆』と同様に文章が非常に読みやすく、物語の展開も退屈な部分はほぼ無いと言っていいですね(いや、“まったくない”と言ってもいい)。

物語の“意外な結末”も、『流星の絆』と同じく、ちょうど良い意外性で、さすが東野圭吾!と心の中で叫んでしまいました。

『さまよう刃』は“社会派サスペンス”ということで売られているが、“社会派”の部分は必要最低限に抑えられていて、基本的には“サスペンス”として読書したほうがいいでしょう。“社会派”として読書をしてしまうと、物語の終わり方に不満があります。

とはいえ、“社会派サスペンス”から“社会派”という言葉は取り除けない小説なので、僕としては「“一応社会派”サスペンス」という感じで読書をしました。

約500ページの読書量でしたが、まったく飽きることなく最後までスラスラと読める作品でしたね。

次に読む本を何にしようか、本屋さんをさまよいながら、今日もBook A GoGo!!!な日々を送るbook-gogoでした。

関連ページ

本ブログランキング

トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/47-dca3190e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
 何と重く、何と熱く、それでいて何と読みやすくそして面白い小説であることか。これが東野圭吾の東野圭吾たる所以なのであろう。 角川文庫 2008/5/25 初版発行  長峰重樹の一人娘・絵摩が花火大会の帰りに行方不明となり、数日後その死体が荒川から発見される。...
2008/06/26(木) 21:06:22 | higeruの大活字読書録
さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)posted with amazlet at 08.06.26東野 圭吾 角川グループパブリッシング 売り上げランキング: 65Amazon.co.jp で詳細を見る 読みました。 ううぅ。。。これbooはちょっと苦手な感じ。...
2008/06/27(金) 03:29:53 | booNakamuraがセカンドライフ
 東野圭吾は好きな作家のひとりである。  だが、抜群のリーダビリティは認めつつも、それゆえにどこか“軽い”という気がしないではない。『白夜行』のような重厚な作品や、加賀恭一郎シリーズのように綿密に書き込まれた作品ですら読んだソバから消えていくような・・...
2008/06/28(土) 00:25:09 | 読書狂日記
辛い、辛すぎるお話でした。 あまりの辛さに涙ぐんでしまうのを止められず、通勤電車で読むのを断念。 バッグに本をしまいました。 しかしどうしても余韻で目が潤んでしまいます。 あとから乗り込んできた中年サラリーマンにチラチラ見られました。 「私は上司
2008/06/28(土) 11:13:32 | A\'s File
著:東野圭吾 文庫:角川文庫 ~あらすじ~ 長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躪された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人...
2008/12/16(火) 08:07:49 | 二次元放浪記
さまよう刃朝日新聞社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『さまよう刃』を紹介します。レイプの挙句に殺された娘の敵をとるために、父親(長嶺重樹)は娘を殺した少年を殺そうと策略し、それを実行しようとする物語である。要するに、復讐殺人をしようとしている...
2009/01/09(金) 22:25:45 | itchy1976の日記
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございますc(>ω<)ゞ
今後とも<シュミ趣味>をよろしくお願いしますねv-353
2009/04/17(金) 18:20 | URL | じゃむ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。