Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『放課後』(東野圭吾) <感想&書評>
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放課後 (講談社文庫)放課後 (講談社文庫)
東野 圭吾

講談社 1988-07
売り上げランキング : 25047
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将――犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が…。江戸川乱歩賞受賞で東野圭吾のデビュー作。

読書感想文&書評

『イントゥルーダー』を読み終わった頃から“ダビスタDS”に時間を費やし、すっかり読書がオサボリ状態でしたが“ダビスタ熱”も徐々に冷め、久々に読んだ本が“東野圭吾のデビュー作”であるこの本、『放課後』です。

というわけで、<感想&書評>はというと…。

物語に出てくる様々な伏線に無駄が無かったので、“誰が犯人なのか”、“どんな密室トリックを使ったのか”、“なぜ主人公は狙われているのか”がとても気になりながら、最後まで飽きることなく読めました。

そして、それらの疑問に対する答えも、絶妙な意外性で非常に満足のいく物語です。物語の“意外性”は意外すぎてもいけないし、先が分かってもつまらないですからね。「なるほど、そうだったのか」と読者(僕)に思わせるところは、さすが東野圭吾さんです。

『放課後』が江戸川乱歩賞を受賞した1985年といえば、僕が鼻水をたらしながら野原を駆けていた時代。今となっては古典的な物語構成かもしれないけど、全く飽きることなく最後まで読めました。『放課後』は名作と言いたいくらいです。

そんなわけで、秋が迫るこの季節、“読書の秋”に向けてBook A GoGo!!!の日々を送ろうと決意したbook-gogoでした。

関連ページ

本ブログランキング

トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/49-8de86ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
東野 圭吾 これは偶然か、故意か。 何者かの殺意が覗くような出来事が身辺に起こり始める。 もしかして自分は狙われているのか? そんな不安を日常に抱え込んだ高校教師の危惧は、少しずれた形で現実のものとなる。 放課後の学校。教師が殺害される。 密室殺人の謎
2008/08/29(金) 18:53:51 | コンパス・ローズ  compass rose
☆☆☆・・ 放課後 著者デビュー作にして、昭和60年の第31回江戸川乱歩賞受賞作である。 当然のことながら 舞台は20年近くも昔である。し...
2008/08/29(金) 19:07:48 | +++ こんな一冊 +++
「東野圭吾(ひがしのけいご)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *作品:放課後、秘密。容疑者Xの献身、ゲームの名は誘拐、悪意、白夜行、手紙、時生、レイクサイド、分身、むかし僕が死んだ家、毒笑小説、殺人の門、天使の耳、どちらかが彼女を
2008/08/30(土) 09:30:43 | 読書感想トラックバックセンター
放課後 校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を2人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将――犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第2の殺人が……。乱歩賞受賞の青春推...
2008/08/31(日) 07:45:32 | みかんのReading Diary♪
以前に「地獄の沙汰は金次第」のびびあんさんに おすすめいただいた東野圭吾さんの本の中より、デビュー作「放課後」です。 こちらは「東野...
2008/09/03(水) 19:45:31 | のんびり前進じたばた生活
放課後講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『放課後』を紹介します。本作品は、東野氏のデビュー作です。既存の作品と同様な質の高さなので、知らなかったら、デビュー作品とは思わないでしょうね。 はじめに思ったのは、2人の先生を殺す動機というものが
2009/01/31(土) 22:21:40 | itchy1976の日記
コメント
この記事へのコメント
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
2008/09/13(土) 20:56 | URL | サトシ #-[ 編集]
はじめまして
出版文化社「社史の森」のホームページのリンクから来ました。
読書が好きなので、書評のサイトをよく見ます。
また時々見に来ます。
2008/09/27(土) 05:54 | URL | 畝源三郎 #KaAtrgIE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。