Book A GoGo!!! ~本の読書感想&書評ブログ~

TOP → 『パラドックス13』(東野圭吾) 【感想&書評】
■ 目次

読了本の一覧表

作家の一覧表

■ まとめ

“このミス”大賞一覧表

ダンブラウンの小説を読む!

本屋大賞の一覧表

■ お知らせ

相互リンク募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パラドックス13パラドックス13
東野 圭吾

毎日新聞社 2009-04-15
売り上げランキング : 36
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

あらすじ

「世界が変われば善悪も変わる。人殺しが善になることもある。これはそういうお話です」
―東野圭吾
運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。なぜ彼らだけがここにいるのか。彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならない!

読書感想文&書評

場外馬券場“WINS”にいったことがある人は、“ダッシュおじさん”を見たことがあると思う。“ダッシュおじさん”とは、競馬予想に没頭するあまり、馬券発売終了のベルがなってからダッシュで馬券を買いにいくオッサンのことである。

“ダッシュおじさん”はとにかく考える。頭をフル回転して競馬予想をする。私が見てきた“ダッシュおじさん”達の中には人生をかけていた人もいるだろう。ある意味、サバイバルといえよう。

『パラドックス13』では、突然、“P-13現象”が発生し、世界中の人間が消え、東京に残されたのはわずか13人。地震や豪雨によって破壊されていく東京で、“ダッシュおじさん”がゴマの一粒にしか見えないほどのサバイバルが展開される。

“P-13現象”とは何か?、なぜ13人は消えなかったのか?、といった謎を、絶妙なストーリー展開で語るあたりは、さすが東野圭吾だと感じるし、なにより一番の読みどころは、まとまりそうでまとまらない、消えなかった人々の意見や行動。

“文明の中で生きてきた人間が、文明が突然なくなった世界で、何を考え、どう行動するのか”―ということを頭の中で考えながら読むと、とても面白い小説だと感じるはず。“P-13現象”とは何か?、なぜ13人は消えなかったのか?、といった謎は、脇役程度のつもりで読むと、さらに面白い小説だと思う。

「世界が変われば善悪も変わる。人殺しが善になることもある。これはそういうお話です」―。あらすじにこの一文があったから、すんなり面白いと感じることができた小説だった。

関連ページ

本ブログランキング

トラックバック
トラックバックURL
http://blogbookreview.blog70.fc2.com/tb.php/62-c51a70e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック記事
ひょっとしたら、彼らには月が2つ見えてたのかもしれない…でも、ずっと雨だったから、月は見えなかったかもしれない  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:]【あらすじ】13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲わ
2009/08/11(火) 12:52:58 | じゅずじの旦那
パラドックス13 13秒間の時空的矛盾が地球を襲った直後、 ほとんどの人類が消滅した。 わずかに残されたのは、その13秒の間に、 死亡していること (自主規制…Ctrl+Aで文字が浮かび上がります) という条件を、偶然にも満たしていた生物だけであった。 この...
2010/03/20(土) 23:30:31 | 23:30の雑記帳
コメント
この記事へのコメント
ダッシュおじさんとは恐れいりました。Book A GoGo!!! さんのブログは個性があっていいですね!
2009/04/29(水) 21:28 | URL | ウィング #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

/ Login 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。